メールでのお問合せ

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械や装置などの大型カバーの設計・製作なら!Produced by(株)中本鉄工

産業用機械・装置カバー.comは、工作機械や分析機器などの産業用の大型・精密カバーの設計・製作を専門とする技術情報発信サイトです。

機械設計技術者のための産業用機械・装置カバーのコストダウンを実現する設計技術ハンドブック(工作機械・半導体製造装置・分析器・医療機器等)

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら

展開、プログラムにおけるコストダウン設計のポイント

Before

図面のみを頂いた場合、その図面から展開図に落とし込む必要があります。この時の作業時間が長くなればなるほどコスト高となってしまいます。

板金加工の場合、FAX などで図面をお預かりすることがよくあります。そのお預かりした図面をもとに寸法を入力し、展開図に落とし込んでいきます。そして、最後に加工プログラムを作成して、加工をするというのが一般的な流れとなります。頂いた図面が複雑になればなるほどこの一連の作業時間はかかり、コスト高の原因となります。

コストダウン事例

After

図面と一緒にCADデータも頂けた場合、展開図への落とし込みや寸法の入力が不要になり、大幅なリードタイムの短縮につな
がります。
参考:対応フォーマット step,iges,DXF

ご注文の際に図面とともにCAD データもお預かりすることで、図面に寸法を入力する時間が省略でき、展開図に落とし込む作業時間も大幅に短縮することができます。これにより作業時間が短縮でき、リードタイムの短縮やコストダウンにもつながります。また、加工の手違いなども減らすことができ、品質の安定化にも貢献します。

もちろん紙ベースの図面や試作開発段階の製品の図面でも1つ1つ展開図に落とし込み形ある製品へ反映させることは十分可能です。しかし、設計者と加工会社がともに展開図をCAD に落とし込むような作業をしている場合は、大変非効率になっている可能性があります。設計者、加工会社ともに効率的に進められる手段をとることが重要です。
お任せください

大型カバーの設計・製作なら
産業用機械・装置カバー.comにお任せください!
私たちが皆様の悩み事を解決いたします。

▲TOPへ