メールでのお問合せ

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械や装置などの大型カバーの設計・製作なら!Produced by(株)中本鉄工

産業用機械・装置カバー.comは、工作機械や分析機器などの産業用の大型・精密カバーの設計・製作を専門とする技術情報発信サイトです。

機械設計技術者のための産業用機械・装置カバーのコストダウンを実現する設計技術ハンドブック(工作機械・半導体製造装置・分析器・医療機器等)

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら

タレパンによる板金加工部品の加工工数を削減する設計のポイント

Before

タレパン加工では板厚以下の直径の穴をあけることはできません。このような図面に対しては指示がない限り、タレパン加工からレーザー加工へと変更せざる得なくなってしまいます。レーザー加工はガス代などにより、タレパンよりも加工コストが一般的には高くコストが上がる原因となってしまいます。さらにレーザーで加工できない製品はタレパンで下穴の位置決め加工を行い、その後キリ通し、タップ加工など工数が増えてしまいます。

コストダウン事例

After

仕様・機能面で板厚以下の直径の穴を必要としない場合はそのような小さな穴を図面に取り入れない方が良いと言えます。この基準を抑えるだけで、タレパンのみでの加工が可能となり、加工工数の削減や加工コストが減少し無駄なコストを削減することが可能です。

タレパンの加工基準として、板厚以下の直径の穴は加工できないことを抑えておきましょう。合わせてタレパンとレーザー加工ではレーザー加工の方が加工コストが高く、仕様・機能の面で問題がないのであれば、タレパンで加工できる範囲の穴の大きさで図面を作成すること
が設計のポイントです。
お任せください

大型カバーの設計・製作なら
産業用機械・装置カバー.comにお任せください!
私たちが皆様の悩み事を解決いたします。

▲TOPへ