メールでのお問合せ

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械や装置などの大型カバーの設計・製作なら!Produced by(株)中本鉄工

産業用機械・装置カバー.comは、工作機械や分析機器などの産業用の大型・精密カバーの設計・製作を専門とする技術情報発信サイトです。

機械設計技術者のための産業用機械・装置カバーのコストダウンを実現する設計技術ハンドブック(工作機械・半導体製造装置・分析器・医療機器等)

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら

深曲げ時の加工限界を意識した加工工数を削減する設計のポイント

Before

板金部品の曲げ加工においてコの字の深曲げは加工の制約条件として外寸に合わせて内寸の最小値が決まります。この制約条件から曲げ加工でコの字に曲がらないものは別部品で製作をして、その後、溶接をおこない板金部品としてコの字の形状をつくります。この方法では1つの部品を作るだけで多くの工数がかかり、トータル的なコストがかかってしまいます。

コストダウン事例

After

設計の段階でコの字曲げの最小寸法を把握する事により、1つの材料から曲げ工程だけで加工が可能となる。また、溶接がなくなることで、部品の強度も向上し、品質の安定にもつながります。深曲げの加工限界寸法を押さえておくことで、不必要なコストが発生するのを未
然に防ぐことができます。

今回の提案事例はコの字の深曲げの加工限界についてであったが、どの加工にも当然制約条件は存在します。機械の幅の問題もあれば、上型の幅や高さが影響することもあります。制約条件に当てはまってしまった場合、部品を分けるなどの対策をとらざるを得なくなるので、
それぞれの加工の成約条件を設計の段階から意識することが重要です。
お任せください

大型カバーの設計・製作なら
産業用機械・装置カバー.comにお任せください!
私たちが皆様の悩み事を解決いたします。

▲TOPへ