メールでのお問合せ

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械・装置カバー.com

産業用機械や装置などの大型カバーの設計・製作なら!Produced by(株)中本鉄工

産業用機械・装置カバー.comは、工作機械や分析機器などの産業用の大型・精密カバーの設計・製作を専門とする技術情報発信サイトです。

機械設計技術者のための産業用機械・装置カバーのコストダウンを実現する設計技術ハンドブック(工作機械・半導体製造装置・分析器・医療機器等)

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら

吊り穴による塗装の加工工数を削減する設計のポイント

Before

片面の塗装ではなく、両面または全面に塗装を施す必要のある製品の場合、通常塗装工程を表面と裏面の2 回に分けておこないます。各面でそれぞれ塗り工程と乾燥工程を必要とするため、作業時間も当然片面の塗装に比べ2 倍かかってしまっていました。

コストダウン事例

After

①大きさによらず、つり穴があることで作業時間は短縮されます。

塗装用の吊り穴をあけることで、製品を吊るしながら両面を同時に塗装する方法があります。この吊り穴を利用した塗装方法をおこなうことで、通常2 回に分けて塗装する必要のある製品を1 回の塗装を完了させることができます。この吊り穴の利用により作業時間の削減、品
質の安定につながります。(基本として吊穴は2か所必要ですが、場合によっては1か所でも可能です。)

塗装のことを設計の段階から考え、図面に吊り穴をつけておくことで、塗装工程の時間を半減させることができます。作業時間の短縮により、部品のトータルコストを抑えることも可能となることがメリットです。産業用機械・装置カバーの性能と仕様に問題がない場合は吊り穴を採用することをお勧めします。
お任せください

大型カバーの設計・製作なら
産業用機械・装置カバー.comにお任せください!
私たちが皆様の悩み事を解決いたします。

▲TOPへ